So-net無料ブログ作成
検索選択

6月人前出没告知日第1弾 6月12日(金)サボテン高水春菜ワンマンライブサポート [ノコギリ]

気がつけば6月。

6月最初の人前出没日告知です。

■「サボテン高水春菜カフェワンマンライブ」サポート係

■日時:6/12(金)

■会場:神保町AMULET
http://amulet.ocnk.net/

■Amuletまでの地図と住所
http://amulet.ocnk.net/page/1

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-18-10 三光ビル
Tel & Fax 03-5283-7047

愛らしい雑貨屋さん兼カフェです。
神保町古書街のほど近く。
(本を買う誘惑に負けそうで怖い、本の雪崩が雪崩以上になりそう・・・マグマ?)
 
■時間:ゆったりOPEN19:00 1部20:00〜 2部21:00〜

■2部ゲスト共演:音楽ノコギリ奏者イトウマキ

*3曲から5曲、どうなるか判りませんが絡む予定です。

■料金:2000円(たっぷり2drink付!)

■問い合わせ:AMULET03-5283-7047

・予約制ではありませんが、ご一報いただけると嬉しいです。

・通常カフェメニューもご注文いただけます。


■以下、サボテンちゃんからのメッセージ。

—そっとくる夜が、やさしくありますように—

カフェアミュレットで逢いましょう。
小さな心の旅にでかけましょう。
シンガーソングライターサボテン高水春菜による
アコースティックギター弾き語りのまったりカフェライブ。
ゲストに音楽ノコギリ奏者イトウマキさんをお迎えします。
オリジナルのファンタジックな歌世界から
絵本をよみとくような丁寧な時間をお届けします。
さあ、一緒にたゆたいましょう。

【サボテン高水春菜】

アコースティックシンガーソングライター。
中性的な視点からささやかな日常にある心の揺れを掬いとる言葉。
POPS,童謡,JAZZなどを取り入れた新しくもどこか懐かしい音楽。
柔らかなギターと透明な声で包む、あたたかい歌。
都内ライブハウス、カフェ、ギャラリー演奏等で活動中。

サボテン高水春菜サイト http://takamizuharuna.com/

 サボテンちゃんとは以前、2007年7月7日の「弦詩人の企み」で共演致しました。

http://teletouch.blog.so-net.ne.jp/2007-06-22

サボテンちゃんの「かなしい夢をみた朝に」という旋律の美しく切ない曲、
以前も一緒に演奏しました。
今回もします。切ないのだけれどやさしい。ステキな曲です。
あぁ、でもその時、おっ、これはイケると思ったオブリは忘却の彼方。
いつもの手書き譜面はなくしてしもうた。
ですから以前の「かなしい夢をみた朝に」とは違う仕上がりになるでしょう。
そして2年という歳月が流れ、サボちゃんもワタクシも随分と変わったことでしょう。
ライブは一期一会。1日の1日、生活も仕事もそうであって。
同じ時というのは絶対に流れない。毎刻毎刻異なる。
そんな積み重ね、そしていつかはそんな時も終わりがくる。

えらく感傷的に聞こえますが、元気です。

というわけで、金曜の夜、ゆったりと一週間の疲れを流したい方も、
乙女なAmuletに興味がある方も、雑貨に興味がある方も、
サボテンちゃんファンは言わずもがな、
是非、彼女の作る心洗われるようなワールドに浸りにいらしてください。



ノコもゆったりと弾きます。

 

*追伸*

すっかりノコギリのお姉さんになっておりますが(お姉さん?中年?)
テルミンのことはいつだって忘れていないのでございます。 
その内、うふふ。こちらは長期計画派なのでございます。



共通テーマ:音楽

4月12日(日)二胡の集い「春の音楽会」に参加 [ノコギリ]

4月はプライベートの場でノコギリやマトリョミンを弾かせて頂いております。

去る4月12日、二胡奏者のRISAKUさんのまとめる 「二胡の集い」
という会の「春の音楽会」に出演して参りました。

全体写真.jpg

RISAKUさんとのデュオがマスカーニの「アヴェ・マリア」でしたので
ワタクシはソロ演奏にシューベルトの「アヴェ・マリア」を。
伴奏をなすって下さったfumisan(仮名)有り難うございました。

RISAKUさんとデュオ.jpg

この日は大勢の二胡奏者さん達だけでなく、
篠笛のチーム、一五一会のチーム、ヒョウタンの笛、
二胡と一五一会との弾き語り、ヴァイオリン演奏などと盛りだくさんの内容。


二胡。

楽器自体も異なるのでしょうが、奏でる方によって
本当に各々独自の音色がでるものですね。
それはどの楽器でも同じことなのでしょうけれど。

中国悠久の流れ、大河のように流れる音にしばし旅気分。

一五一会という楽器はバンドのBEGINが開発した楽器。
これはこれで、また琉球のゆったりした旋律が心地よいものです。

篠笛トリオの演奏は、静謐さのなかに熱いものを感じます。

名前を失念してしまいましたが、ヒョウタンの笛。
形がユーモラスです。二胡との合奏によくマッチしておりました。


そして「ノコギリ」!

アケミコ(仮名)さんという東京のこ音クラブの立ち上げ者の1人であるノコギリ奏者さんも出演。

アケミコさんの演奏、ビブラートのかけ方が
ワタクシ、そして大概のノコギリ奏者さんの貧乏揺すりと異なります。
真似をしてみましたが、出来ませんでした。
アケミコさんの足の動かし方の方がエレガントに見えます。

二胡の集い.jpg ←こちらはワタクシ。

 どこの団体にも属していないワタクシは様々なノコギリ話に興奮。

また、STANLEY社の本物のノコギリ、日本製ノコギリのNAMAZUの音色も
聴かせて頂くと共に、ワタクシの音の出し方とは異なる味付けの
アケミコさんのノコギリの浮遊感たっぷり情緒あふれる演奏も楽しませて頂きました。

その音色の違い、アーティキュレーションの差異、実に興味深いものがありました。


準備から本番までご尽力下さったRISAKUさん、二胡の集いのみなさま、
出演者の方々、お客さま、ありがとうございました。


打ち上げでしたたかに酔っぱらいいつもの如く弾けていたことはご内密に。

いや「イトウマキ」も楽器ということで、あれはワタクシの音色でもございました。

■こちらに写真入りのRISAKUさんのレポート→http://risaku.exblog.jp/9608274/

■こちらも写真入りのfumisanのレポート→http://hanakomama.exblog.jp/10066039/

 

それにしてもチャイナドレスやアオザイは舞台で映えますねぇ。



共通テーマ:音楽

3月28日(土)mayulucaさんライブの映像 [ノコギリ]

今日は何の日? 四月バカの日。エイプリルフール。

楽しい嘘はつけましたでしょうか? ワタクシはつきました。

さて。

音楽愛好家のふるんさんがmayulucaさんと中村好伸さんのライブの模様を
YOU TUBEに載せて下さいました。

ワタクシが参加した曲は

「庭に蜜蜂がいる」作曲:mayuluca嬢
「マイマイホーム」作詞/作曲:mayuluca嬢
「君は君のダンスを踊る」作詞/作曲:mayuluca嬢

の3曲です。

当初は2曲の予定でしたが、セッション的に
「君は君のダンスを踊る」にまで参加させて頂きました。
「庭に蜜蜂がいる」と共に即興です。

http://www.youtube.com/watch?v=JiPQ7uT3hdk&feature=related


今度はワタクシの母体、小嶋佐和子女史との「Unknown Little Birds
田中雄一氏との新しいユニット「Les deux lignes(レ・ドゥ・リーニュ)」
の映像も撮れればいいなと思っております。

が、ワタクシはビデオカメラを所有していないのでした。
当分、購入の目処も立っておりません(涙)。

ふるんさんがまた撮って下さるといいのだけれど・・・・。


伊藤麻衣子さんというステキクールなアーティスティック美女に
ライブの画像を頂いたので、そちらも載せて、珍しいスカート姿を披露。

マユルカ嬢とワタクシ.jpg これまた珍しく笑っている写真・・・。

といっても・・・ブーツと妖怪のような色のタイツを着用してしまったので、
ちっともスカートをはいている意味がない気がします。

「スカートなのにスカートはいているように見えないね」と言われた記憶もございます。

まさにその通りでした。


「舞台上での衣装」というものに対して自分の意識の低さを痛感。
(これでも頑張ったつもりでしたが・・・)

でもゲストでしたし・・・
あぁ、いつもの方が本当の普段着・・・
それはそれで良いとも思ったり思わなかったり。

ビーズのキラキラ指輪なんてしてみたのですが、
ピカピカエナメルのベルトなんてしてみたのですが、
いつもどうみてもお客様の方がオシャレです。

でも、ワタクシはワタクシですので・・・・

急にヒラヒラドレスを着たり、フリフリふわふわガーリィに、
小洒落た雑誌に載っている感じに、などと、変わることはないと思われます。


それこそ照れて演奏どころではなくなってしまうかもしれません。

 

いや、突然変異もありうるかも?

 

「すべて嘘です?」



共通テーマ:音楽

「花祭りコンサート」を終えて [ノコギリ]

28日のnolla cafeライブの次の日は小岩の善慶寺で演奏を。

お寺自慢の枝垂れ桜が満開。
まるで「花祭り」に合わせたよう。

(携帯電話画像ピンぼけでゴメンナサイ 解像度というものの問題か?要研究)

善慶寺の枝垂れ桜.jpg

演奏前にお釈迦様生誕のお祝いの声明がありました。
花で飾られた小さなお釈迦様の像に甘茶をかけます。

お釈迦様とお花.jpg

甘茶は花の名前です。
額紫陽花に似たお花の葉っぱを乾かし煮出したお茶も甘茶と呼びます。

飲んでみました。
とってもとっても甘いです。
天然の甘味ですが、驚くほどの甘さです。
そして苦みも混ざって、珍妙なるお味でした。

お釈迦様のお誕生日の4月8日に甘露の雨が降ったことから
「灌仏会(花祭り)」では仏像に甘茶をかけることになったとか。

にわか知識でございました。

ワタクシが、声明、読経などを聞くときに感じるのは宇宙の波動。
だんだんと意識が遠くにいくような心持ちになるのです。
頭蓋に響く声と銅鑼などの音が忘我の境地に誘います。

声明時にお坊さん達が撒かれた花びら代わりの色とりどりの紙。
お釈迦様その上に座りになられると言います。
その紙を持っているとお守りになるとか。
何枚か拾って参りました。
すぐにご利益があったのでございます!

欲しい方にはお裾分けいたします。


さて。

本堂での住職さんの声明が終わった後は、
演歌歌手「青山祐太」さんのミニコンサート。

演歌と聞いていたので、着物でこぶしをきかせた方が出てくるかと思いきや。

青山祐太さん.jpg

お若いスーツ姿の男性が。
善慶寺名物の「枝垂れ桜」の歌を熱唱されておりました。
すでに固定ファンもいらっしゃるようです。
初めて演歌のショウを見ました。


その後、随分と趣向が違いましたが、ワタクシ達の出番です。

二胡のRISAKUさん、今回は春色のチャイナドレスで。
溜め息が出るほど美しい色でした。

またもや、ワタクシは衣装に関して考えさせられることに。

演奏されたのは中国の「春」や「花」にまつわる曲。
ノコギリとのデュオでは「朧月夜」と「さくらさくら」を。
意外と音色が合ったりすると思うのです。

hanamatsuri(2).JPG

次にワタクシの出番です。
西洋ノコギリを使うワタクシは西洋の「花」の曲を。
即興でピアノの伴奏をつけて下さった中川美季子さん。
ホールの反響はなかなかのものでした。

最後に真打ち登場、尺八のジャスティン・泉龍さんです。
穏やかな面持ちと語り口、お若くセイタカノッポのジャスティンさん。
ジャスティンさんは尺八をお作りにもなられます。
お作りになられた三本のオリジナル尺八を吹かれたジャスティンさん。

江戸時代に侍が虚無僧となり、托鉢に歩き回ったとき吹かれてもいた
尺八の音色は物悲しかったり激しかったり。

呼吸法によって出る音が異なります。

自然界のありとあらゆる音を表現する尺八の生演奏。

目を閉じて耳を澄ませていたので写真を撮リ忘れてしまいました。

色々と盛り沢山の「花祭り」のお祝い。
初めての経験ばかりの1日となりました。


カメラをいつも忘れてしまいます・・・・。



共通テーマ:音楽

mayulucaさんと中村好伸さんのライブゲストを終えて [ノコギリ]

2673006 ←nolla cafeドアノブ

日付変わって昨日のmayuluca 嬢&中村好伸さんツーマンライブ。
2曲ほどmayulucaさんの曲にゲストで。
そして最後のセッション的なmayuluca嬢の楽曲にまで混ぜて頂きました。

混ぜて頂いただけではなく、強烈に猛烈に喋ってしまい、
いささか反省もしております。

お2人の作り出した浮遊するような世界が一転して「1人漫才」の舞台?
ご、ごめんなさい。なにかが取り憑いてしまっていたようです。

え、いつものこと?

ライブの感想が「おもしろかった」というのは果たしてよいのでしょうか?

しかしながら、お越し下さったみなさま、念を送って下さったみなさま、
ワタクシのお喋りに耐えて下さった方々、本当にどうもありがとうございました。

mayuluca嬢の紡ぎ出した時間は、そのフワフワと、でも芯のある声、
ガットギターの吐息が聞こえるような強弱にあふれた音、
ついつい心地よくなりウトウトとしてしまい出演を拒否したくなりました。
春の微睡みの音とでも形容できますでしょうか?
これからの時季にうってつけだと思います。
サクラ舞散るなか、空を仰ぎ見ながら、ホッと一息つきたくなる時などに。


久々の共演でしたが、お声をかけて頂きありがとうございました。


そして、スナフキンのような出で立ちで現れた中村好伸さん。
身体1つ、ギター1つ、腕2つ、指十本、足2本、つまり1人での演奏なのに、
サンプラーやらエフェクターやらという機械を自在に操り(蛸?)
いくつもの旋律を織り重ねていく音は、大きな世界を作り上げていました。

中村さんのCDのタイトル「望郷」。

音のなかに身を委ねると、見知らぬ土地、異国へと連れて行ってくれるよな、
色々なシーンのなかに引き込まれて行きます。
初めての景色なのに、懐かしいような、デジャブ感覚というのでしょうか?
まさに「望郷」といった気分になる楽曲。

お若いのに、確固たる世界をお持ちで、6月6日ののレコ発ライブも楽しみです。
(レコ発だなんて言葉、初めて使ってみました。は、恥ずかしいです)

2673005 ←nolla cafeドアノブ

会場のnolla cafeはこぢんまりとしていて、アットホームな雰囲気。
店長さんの醸し出すお人柄が滲み出ているような場所。
近くに住んでいたら常連になってしまいそうな、くつろぎの空間。

木のイス、ねこグッズ、手作りパン、身体にやさしい食べ物、豊富なお酒。

ドアノブも猫の形、人間用のドアの隣に小さな猫ドア、猫犬関連の動物新聞、
猫にまつわる本の数々も置いてあり、猫好きにはたまりません。


「白楽」という町には初めて降り立ちましたが、
小さくも愛らしいお店がたくさん、元は闇市だった名残のぎっしりみっちりと
様々なお店がひしめく狭いアーケード、新旧入り交じる大通りの賑やかな商店街、
意外だった人の往来の多さ。

住みやすそうな街だなぁと。

2673015 ←nolla cafe 看板

電球のあたたかい色、人の体温、皆がいつしか近しくなり。
気さくで柔和な店長さん、少しイタズラ好きでもあり嬉しくなってしまいます。
音楽もこよなく愛するそんな店長さんのお店 nolla cafe。

 

 2673009 ←nolla cafe 外から 窓に映っているはワタクシ


またフラリと行ってみたいものです。

・・・・・・

が。

そんなシャレた、1人の秘密の場所にしておきたいような空間を、
最後には「スナック」みたいな状態にしてしまったこと、お許し下さい。

でもワタクシだけのせいではないはず・・・・・決して。

違いますでしょうか?

明日は、別人のようなワタクシが見られるはずです。
嘘だと思うnolla cafeでの時間を共有した方、見にいらして下さい。

えぇ、特に「中村・スナフキン・好伸」さんよ!
mayuluca嬢、あなたなら判ってくれるはず。
そして客席で見守ってくれた小嶋佐和子女史も・・・
(脅迫している気分になって参りました)

春の儚い夢のような一夜を本当にありがとうございました。
でも、記憶にはしっかりと刻み込まれています。

最後に「お酒には飲まれるな」と一言、釘を刺してみましょう。

ワタクシのことではございません。


もう寝なくては、明日のお肌に響くというものです。

昨日という日と人々に感謝の気持ちを込めて。
 

ありがとうござました。 おやすみなさい。

 



共通テーマ:音楽

怒濤の3月 29日(日)花祭りコンサート再度のお知らせ [ノコギリ]

江戸川区音楽ユビキタス&チェロリン村 produces 善慶寺 第65回常照殿コンサート  
 
■花祭りコンサート

■日時:平成21年3月29日(日)    
■14時より 常照殿2階・本堂にて
 第一部「釈尊降誕会法要」
 第二部 歌唱「しだれ桜・・・善慶寺」ほか 歌:青山祐太
   15時すぎより:常照殿1階にて 第三部 花祭りコンサート
                                                                 
■場所: 善慶寺 ホール常照殿 (電話:3657-4831)    
(京成電鉄・小岩駅より徒歩2分、江戸川区北小岩6-34-20)

こちらはMAP→http://www.bea.hi-ho.ne.jp/cla-o/concert/map/zenkeiji.html

■入場料:大人1000円(ワインつき) 小―高校生 500円 未就学児 無料

*予約は不要です!


■演奏:二胡      RISAKU
          音楽のこぎり イトウマキ
          尺八     ジャスティン泉龍
          ピアノ    中川美季子
         (下記ににて、*印はピアノ伴奏)   

 ■第三部のプログラム

二胡:花(滝廉太郎)* 草原情歌(王洛賓)  江南春色(朱昌耀)    望春風(鄧雨賢)

二胡・音楽のこぎり 二重奏: 朧月夜(岡野貞一) さくらさくら(作者不詳)  

音楽のこぎり:野ばら(シューベルト) 野ばら(ワーグナー)*  

尺八  普化禅宗尺八本曲:心月   下り葉    鶴の巣籠    手向
 
■演奏者紹介

■二胡奏者 RISAKU

高知県出身。
2004年の中国旅行をきっかけに二胡を始め、
翌年、二胡愛好者の交流会「二胡の集いin東京」 を発足。
世話人として会を運営するかたわら、各地のイベントやライブにて二胡演奏を行う。

多才なRISAKUさんのSITEはこちら→http://risaku.exblog.jp/

■ノコギリ担当 イトウマキ

2002年より竹内正実氏にテルミンを師事。のちMusical Sawを独学で収得。
ソロ活動、他のテルミン奏者やアーティストとの共演多数。
2007 年 singersongwriterの小嶋佐和子と「Unknown Little Birds」結成、
ノコギリ担当。各地でライブ活動を行う。
(先日ヴァイオリン奏者・田中雄一氏と「Les deux lignes」結成)

そんなイトウさんのSITEはここと・・・・

こちら→http://www.myspace.com/teletouch1920 

■尺八 ジャスティン泉龍

尺八の勉強・製作のために英国から来日し、多くの流派での勉強をする。
古屋輝夫や横山勝也の元に、江戸時代の虚無僧本曲を広く研究し、”泉龍”
という竹名を受ける。琴古流宗家の五世・荒木古童から、琴古流を修行した。  
荒木派尺八や、海童道祖老師が使用していた太い長管の尺八も製作する。
演奏活動は、日本だけでなく国際的に実施している。
 
■ピアノ 中川美季子

島根県松江市出身。
波多野睦美に声楽を学び、マーサ三宅のもとでジャズ ボーカルを学び、
香港日本人合唱団などではピアニストをつとめた、 なんでもありの音楽愛好家。
 

■問合せ先:土谷庫夫(江戸川区音楽ユビキタス・代表、ほか)tel/fax 03-3650-2775 

 

怒濤の3月末でございます。

ちょうど花盛り。花祭りの説法は初めてです。ソロ尺八も初めてです。

しかも英国ご出身のJustinさん。どんな音を響かせてくれるのでしょう?

色とりどりの花を見つけながら春の午後をワインでいかがでしょう?

同じような記事が下の下の下の下の下の下くらいにあるのですけれどもね。



共通テーマ:音楽

3月28日(土)mayulucaさんライブゲスト出演 残席僅か! [ノコギリ]

お寒うございます。

花冷えの時季でしょうか?

さて。

3月28日のmayuluca嬢&中村好伸さんのnolla cafeライブ。
いよいよ今週の土曜日です。
まだ僅かながら残席がある模様。
この機会に滅多に見られない生音ライブ、体験してみてはどうでしょう?

ワタクシはmayuluca嬢のゲストで2曲、久しぶりにお手伝い。 

"mayuluca" のプロフィール画像←こちらがmayuluca嬢 客席にはお忍びで?「ULBとお友達」

きっとサクラも随分と花開いていることでしょう。

春の宵に春めいた曲の数々、お聞き頂ければ幸いです。

■mayuluca嬢my space
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=1000365100


■日時:3月28日(土)OPEN 18:00 START 19:00

■チャージ:1000円+ONE ORDER

■出演者:中村好伸 http://bohkyoh.web.fc2.com/

             mayuluca http://mayuluca.blog.drecom.jp/ (ゲスト:ワタクシ2曲ほど)

■場所:白楽 nolla cafe http://nollacafe.catfood.jp/
            横浜市神奈川区六角橋2-2-20 佐藤ビル2F

■最寄り駅:東急東横線「白楽駅」 徒歩5分

■電話:045-481-5798

■メール:nollacafe@aol.com

■■約15名完全予約制です。電話またはメールでご予約お願いいたします。

 

詳しくというか、殆ど同じ記事が下の下の下の下の下にあるのですけれどもね。

http://teletouch.blog.so-net.ne.jp/2009-03-13

よろしくお願いいたします。



共通テーマ:音楽

3月29日(日)小岩にて「花祭りコンサート」出演 [ノコギリ]

「花祭り」

お釈迦様のお誕生日をお祝いする祭典。

土谷庫夫氏のご招待におあずかり、小岩は善慶寺で催される
「花祭りコンサート」に出演することになりました。

ワインを片手にお寺にあるホールで音楽を鑑賞するという趣旨。

ワタクシはノコギリで「花」にまつわる曲を2曲ほど演奏致します。
以前共演した二胡奏者のRISAKUさんとのデュオもあり!
目玉は英国出身でプロの尺八奏者になられたというJustin・泉龍さん。
生でジックリと尺八の音に触れるのは初めてで、今から楽しみです。

■日時:3月29日(日)

14時より「常照殿」2階・本堂にて

第一部「釈尊降誕会法要」
第二部:歌唱「しだれ桜・・・善慶寺」など 
    歌:青山祐太

15時過ぎより「常照殿」1階ホールにて

第三部 花祭りコンサート

■場所:善慶寺 ホール常照殿
 東京都江戸川区北小岩6-34-20
  (京成電鉄「小岩駅」より徒歩2分)

■入場料:大人 1.000円(ワインつき)
     小〜高校生 500円 未就学児無料

*予約不要

■第三部出演者:二胡 RISAKU
               音楽のこぎり イトウマキ
     尺八 ジャスティン泉龍
     ピアノ 中川美季子

■さらに詳しくはこちらのサイトの「お寺コンサート」をご参照ください。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/cla-o/index/


どなたでもウエルカムという趣向でございます。
ワイン片手に、春の音をお楽しみ頂ければ幸いです。



共通テーマ:音楽

3月28日(土)mayulucaさんライブゲスト出演 [ノコギリ]

久しぶりにカワイイけれどカワイイだけではないmayulucaさんのライブにゲストで。

基本的にはmayulucaさんと中村好伸さんのツーマンライブです。
ワタクシが小嶋佐和子女史と行きますね〜とお伝えしたら、
急遽、2曲ほどゲストで参加させて頂くことになりました。

ありがとう、mayuluca嬢。

"mayuluca" のプロフィール画像 ←mayuluca嬢 ワタクシではございません。


中村さんは以前「池ノ上 ボブテイル」でその演奏を見たことが。

その時はギター1本、たくさんの機械(サンプラーやらエフェクターというのか?)を巧みに操り、情景が浮かぶような音を紡いでおられました。
mayuluca嬢のライブにゲスト出演したときの対バンの方でした。
CDを購入したのと鳥取砂丘の話をしたことを憶えています。
多分、中村さんは、いや、絶対、中村さんはお忘れのことでしょう。

mayuluca嬢の音はmy spaceでも試聴できます。
春にぴったりの風が吹きそうな、微睡んでしまいそうな歌声。
しかも完全生音ライブだそうです。
nolla cafeのサイト 愛らしい猫様がお迎えして下さいます。
自家製パンもあるとかで、パン偏愛者のワタクシとしては更に楽しみ。

15名ほどの予約制ですので、下記のお電話かメールでお早めに!

どんな春が聴こえるのでしょう?
どんな春に満たされるのでしょう?

この場所で→http://nollacafe.catfood.jp/

この声が→http://mayuluca.blog.drecom.jp/

中村好伸さん→http://bohkyoh.web.fc2.com/


■日時:3月28日(土)OPEN 18:00 START 19:00

■チャージ:1000円+ONE ORDER

■場所:白楽 nolla cafe
            横浜市神奈川区六角橋2-2-20 佐藤ビル2F

■最寄り駅:東急東横線「白楽駅」 徒歩5分

■電話:045-481-5798

■メール:nollacafe@aol.com

■■約15名予約制です。電話またはメールでご予約お願いいたします。

CDもリリースし、ツアーもし、絶好調の波にのるmayuluca嬢
その目でしかと、その耳でしかとその佇まいをご覧下さいまし。

あ、初めてガットギターでライブなさるそうですよ。

mayuluca嬢からのお知らせ→http://mayuluca.blog.drecom.jp/archive/514 

「つまり客席には普段のUnknown Little Birds(佐和子&マキ)が座っているのです」

あっ、普段着でゲストっていいのかしら?ちょっとおめかししよう。



共通テーマ:音楽

11月のライブを振り返って [ノコギリ]

少々、今年後半を振り返ってみたいと思います。
11月にスポットを。

2430587
 

11月23日の「Old Days Lounge 三周年イベント」に出演した時のULB画像です。
築80年の古民家を改造した「Boogaloo Cafe」は木造のあたたかみが。
佐和子女史のギターも声も、ノコギリの音も柔らに響いたのではないでしょうか?
心地のよいひととき。
 
2430588

ブラボー!ハラショー!
ヒュー!
ダンケシェーン!

盛り上げ上手な方々に囲まれ、にぎやかでアットホームなライブとなりました。

招いてくれたM嬢、お世話になったスタッフの方々、本当にありがとうございました。
 
2430589


「ODL」のイベントはまだまだ続きます。
毎月第4日曜日、アルコール片手に、ソフトドリンク片手に、
音楽に酔ってみてはいかがでしょう?


「Old Days Lounge at Boogaloo Cafe」→http://sound.jp/disconet/odl/index.html

「ODL」出演告知記事→http://teletouch.blog.so-net.ne.jp/2008-11-07



*なぜだか画像を大きくすることができました。
 しかし油断は出来ぬ・・・。
 

**途中からブーツをぬいでいることにお気づきになられましたでしょうか?
  投げ銭入れのため・・・ではございません。
  ビブラートのための貧乏揺すりをしやすくするために行ったことでした。




もうひとつ・・・

こちらはグッと学究的な試みでした。

11月26日の夜に行われた「第160回目 チェロリン村 水曜コンサート」

音楽ノコギリ&二胡で唱歌・童謡の源流を探る〜高野辰之の唱歌・野口雨情の童謡の世界
というサブタイトルがついた、耳に馴染んだ日本の歌の真相に迫るトークショウ&ライブ。

いつもながらに、主催者である土谷庫夫さんは舌好調。
歌詞に隠された裏話や秘密、あまり知られていないであろう意味、
作詞家・作曲家の見ていただろう原風景、そんなお話を聞きながら、
シンブルな旋律のなかの奥深さを探求した宵でした。

詳しいことは、二胡奏者のRISAKUさんがブログにまとめて下さっております。
是非とも、ご一読くださいませ。
なんと中国語訳もついております。

「のほほん村村長日記」→http://risaku.exblog.jp/9006809/

「水曜コンサートの告知記事」→http://teletouch.blog.so-net.ne.jp/2008-11-24




共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。