So-net無料ブログ作成
検索選択

「おもちゃ美術館公演」ご来場ありがとうございました [うたたね合唱団]

おもちゃ美術館公演にいらして下さった方々、応援して下さった方々。

「まことにありがとうございました」


雨が降るとの予想でしたが、
晴れ女のわたくしのパワーが炸裂したのか、
モワモワと暑い晴れの日となりました。

 

第1回目公演は、ムギュムギュ、わしゃわしゃ、
小さな人も大きな人も、たくさんいらして下さり、
芋洗い状態、カーペットに座る小さな人達は
まるで鳥の巣の中にいる可愛らしいヒナのようでした。

おもちゃ.jpg 画像が小さ過ぎますね・・・

小さい人達も元気一杯。
マトリョミン、オタマトーンともに体験講座も大賑わい。
たくさんの笑顔や、びっくり顔に出逢えました。

ノコギリで幽霊の音を出し、
マトリョミンで宇宙の音を出し、
それでも、怖がられなかったのは初めてではないでしょうか?

 のこぎりも.jpg

↑身を乗り出すお子さまも!

 

ただし、ウケると思って出す「おならの音」が全くウケないのは何故?
若いファミリーは、おならは静かに出すのか、それともトイレで出すのか、
今の小さい人達は、オナラの音を知らないのか?

などと、メンバー達で、帰路、話しておりました。


2回目公演では、お客さまの入りは1回目より少なかったものの、
ゆったりとリラックスした雰囲気、小さい人達と密な時間を過ごせました。
体験講座1.jpg

↑急遽オタマトーン体験講座もタナカユウイチにより開催。マトリョミンも大人気!

 
ムラカワユキコのアンプが壊れ、イトウマキのオタマトーンが壊れ、
タナカユウイチの靴ひもが突然切れ、不吉感満載だったのですが、
みなさまのお陰で、楽しい会になりました。


小さい人達と一緒にオタマトーンで輪唱した「かえるの歌」を歌いました。

かえるの歌.jpgゲロゲロゲロゲログワッ♪


「かわいい、かわいい」と大評判のオタマトーン。
小さい人達にも大人気でした。

マトリョミンはその顔や音から、たまに怖がられることもあるのですが、
オタマトーン、やはり和みの顔なのでしょうか?


「オタマトーン顔になりたい!」



ロシア展は9月で幕を降ろします。

展示されている珍しいマトリョーシカの中には
世界にひとつだけしかないものがあるのです。

とても判りにくいのですが、柔道着+金メダルをつけています。
珍しく裸足の絵付け。

これは、中橋さんという柔道家さんが、ロシアでの柔道世界大会で
優勝された際に、記念として、贈られたものだそうです。

もしも、これから行かれる方がおりましたら、探してみて下さいね。
かなり、マッチョな怪しい感じです。


マトリョーシカというのは、あの人形の名前かと思っていましたら、
モデルのマトリョーナちゃんという女の子のあだ名なんだそうです。

「○○シカ」とつく名前(あだ名)は「ちいさい」と言う意味があり、
マトリョーナという名前のコドモさんだと、
マトリョーシカ(マトリョーナちゃんという感じ)
と呼ばれるのだそうです。

日本では「幸子」が「さっちゃん」と言われる感じだそうです。

ほほー。


ロシア好きのみなさま、
珍しいもの好きのみなさま、
是非とも、企画展が終わる前に、遊びに行ってみて下さいね。
全てのおもちゃで遊ぶには1日かかると思われます。
それくらいの充実度の「おもちゃ美術館」お勧めします。

 

 つぎの「うたたね合唱団」のライブは7月10日(土)!

こちらは、炸裂的脱力ど素人コミカル系、いつもの姿でお送りします。

詳細はこちら。

http://stylo.seesaa.net/article/153385099.html

(メンバーのムラカワユキコ嬢のブログです)

ご予約はお早めに!

宜しくお願いいたしますね。

 

のちほど、大山博さんが撮って下さった画像を載せたいと思います。



共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。